魂の震えるところ

  • 2018.10.08 Monday
  • 22:07

 

しばらく投稿の間隔が空いてしまいましたが、

 

また、ブログをマイペースで復活させていきたいと思います。^^

 

 

すっかり秋めいてきましたね。

 

秋は、少しさみしくもありますが、心も静まる、とても好きな季節です。

 

実りの秋でもありますね!

 

 

少しずつ冷たくなっていく空気に、太陽の光のあたたかさが、ありがたく沁みてくる・・・

 

秋の静けさは、他の季節よりも感覚のセンサーの感度を高めてくれるように感じます。

 

 

こんなときこそ、自分の中心の中心にフォーカスしてみます。

 

本当に、自分の胸の中心の奥の奥。なにかふるふると震えるようなものを感じてくるのです。

 

 

”心”の中心、その奥の奥にある”核”のように感じるもの。

 

言葉にしようとすれば、やはりそれは”魂”というものでしょうか。

 

 

本当にニュートラルにのふるふると震える自分の中心の中心の振動を感じづつける。。。

 

 

すると不思議なのですが、なにかとても深く静かな

 

”生きている喜び”に満たされていくのを感じるのです。

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

おてんとうさま

  • 2018.08.22 Wednesday
  • 22:22

 

こんにちは! みさきです。^^

 

ここ数日、暑さが和らぎとても爽やかなお天気で、気持ちがよいですね!

 

 

今年はこれまでにないような猛暑日も多かったですし、

 

台風や大雨もあったので、このような過ごしやすいお天気になると

 

ありがたい気持ちでいっぱいになります。

 

 

地球、そして太陽のおかげで、私達は生かしていただいている。

 

 

こうして気持ちよく過ごせる毎日は、当たり前のことではないんだなと

 

改めて気づかせていただいた今年の夏。

 

”おてんとうさま”という言葉が、とても心に響くようになりました。

 

 

おてんとうさま(お天道さま)とは、日本で昔から使われている

 

太陽を敬い親しんでいう言葉であり、「天地をつかさどり、すべてを見通す超自然の存在」

 

という意味もあるそうです。

 

 

確かに昔、よく周りのおじちゃん、おばちゃんたちは

 

「おてんとうさまはちゃんとみているよ!」とよく話していました。^^

 

 

天道とは、「太陽が天空を通過する道」を指すそうですが、

 

まだまだいろんな道具などもなかったからこそ、

 

天体の動きや自然、人間の生活の有機的なつながりがよりリアルで、

 

”大自然の営みの中のひとつの生命としての自分をみる”という世界観が

 

昔の日本の生活の中には、当たり前のように根付いていたのですね。

 

 

そう思うとここのところの猛暑も気候変動も、私達人間にもっともっと

 

自然、地球、太陽、天体の動きといった世界にまで視野を広げて生活するよう

 

教えてくれているように思います。

 

 

「おてんとうさまは、すべて見ている」

 

日本人が当たり前にもっていたその謙虚な心と、今ここに生かされている感謝の気持ちを

 

改めて、学び直していこうと思います!

 

生命のやりとり

  • 2018.08.19 Sunday
  • 19:10

 

 

先日 野草や野菜を使っての健康法について

 

お話を聴く機会がありました。

 

 

小さい頃よくびわの木を庭に植えているおうちがとても多かったの

 

覚えているのですが、このびわは実をたべるだけでなく、

 

葉っぱはお茶や皮膚病の治療に使えるし、

 

今、この季節私たちの目を楽しませてくれるあじさいも

 

あじさいも花を楽しむだけでなく、 葉っぱを煎じて解熱剤につかうなど、

 

していたそうです。

 

 

お話を聞きながら、小さい頃、もうどこにでも生えていて

 

その匂いが独特でちょっと苦手だったドクダミを、

 

祖母が”身体にいいんだよ” とお茶にして飲ましてくれたのを思い出しました。

 

 

「昔は当たり前のように、 みんな身近に生える植物の効能をしっていたし、

 

当たり前のように必要な植物を知り、 庭に植えて大事に育てていたんですよ。」

 

 

私も植物は好きで、家で観賞用の植物を飾ったり、

 

食べるハーブなどを育てたりすることはあるのですが、

 

お話をうかがって、昔の日本の日常では、 それよりもなにかもっと深いつながり、

 

”生命のやりとり”といえるものが、人とそれこそ”雑草” と呼ばれる植物の間でも

 

行われていたんだ!ととても感じました。

 

 

私達をとりまく自然、 そしてすべての生命に対する尊敬と感謝の心を思い出し、

 

人と自然の間での”生命のやりとり”を取り戻す。

 

 

いまこそ、それをとてもやる時だ!と思います。

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

幸せになるために”正直”になる

  • 2018.05.06 Sunday
  • 23:57

 

 

”幸せ”って深いな〜と思います。

 

幸せになりたくない・・という人はほとんどいないと思います。^^

 

 

でも、どうしたら本当に”幸せ”になれるのか?”

 

 

”幸せ”とは、自分自身が感じるもの。

 

だから、幸せの第一歩はまず、”正直”になることだと、今、強く感じます。

 

 

”正直”とは、正しく純真な心で、偽り、ごまかしのない態度 のこと。

 

 

つまり、”幸せ”とは、自分自身に対して、そして自分を取り囲むすべてに対して 

 

まず、純粋な、ごまかしのない態度で、

 

ニュートラルに向き合ってみることから始まるように思うのです。

 

 

その最初のステップとして、まずは”正直”を身体で感じてみるのもいいなと思います。^^

 

 

頭を空っぽにして、身体の力を抜いてリラックスをし しっかりと足の裏を感じて立ってみる。

 

そして、静かにゆっくり呼吸をしてみる。。。

 

 

実はなかなか日常の中ではやっていないことですよね。^^

 

 

続けていると、自分の中や外で蠢いているものが、少しつづ静かになって

 

とてもスッキリとしてきます。

 

自分にとって、本当に必要なものが、だんだんクリアになってくる感じです。

 

 

少々、心身ともに気になるところがあっても、

 

それは、そんな時もあると”正直に”みとめ、自分にOKを出してあげましょう!!!

 

 

自然体で、心と身体の中に、爽やかな風が吹いているような状態。

 

 

まずこれを思い出せたら、もう、それは”幸せ”の最初の一歩が始まっているな、と感じます!

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 

あなたは”わたし”

  • 2018.04.16 Monday
  • 00:26

 

 

アセンションを学び始める前、

 

私は、いわゆる”自分探し”をずっとしていたな、と思います。^^

 

 

でも、”自分だ!”と思ったものは、まるで陽炎のように、

 

ある一瞬つかめたかと思うと、ふっと消えてしまい

 

ずっと心許ない思いが消えませんでした。

 

 

アセンションを学びはじめて

 

”自分をゼロにして、相手を100%感じてみる”

 

と聞いた時、えええーーー???!!!と思いました。^^

 

 

でも、本当に脳みそは一旦停止して(笑)、

 

ただ、ただ、大事な人のことをじっくりと感じてみました。

 

 

その人が、なにを考えているか、どんな気持ちでいるか?を推測するのではなく、

 

その人の存在自体を、そのまんままるっと、心と体全部で感じてみる・・・

 

 

その人の鼓動、その人の体温・・・生命のバイブレーションが響いてきて、

 

なんだかとても愛しくなって、「生きていてくれて、ありがとう〜!!!!」

 

と自然と感謝が溢れてきました。

 

 

そして、相手の生命をこうして感じて、感動している ”自分”というものが

 

いま、相手と一緒に、今ここに存在している!ということに

 

はっきり気づくことができました。

 

 

どんなに自分だけで、”自分”を探そうとしても

 

わからなくなってしまう。

 

 

でも、相手(それは、人でなくても、動物でも、

 

お花でもなんでもよいのだと思います。)

 

のことを100%感じてみると、おのずと

 

自分の生命そのもののも感じられてくる。。。

 

 

もう、どこかに”私”を探そうとしなくてもいい。

 

 

あなたは”わたし”

 

 

それを体感できるようになることは、

 

深い安らぎと幸せを与えてくれるなと思います。

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

”清明”のころ

  • 2018.04.05 Thursday
  • 23:06

 

いつもありがとうございます!

 

新・地球文明の創造〜Ascension Civilization〜ブログ

 

http://shin-bunmei.jugem.jp/

 

記事を載せさせていただきましたので、

 

こちらでもご紹介させていただきますね。^^

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんにちは! みさきです。^^


早くも桜はおわり、新緑が眩しい季節になってきましたね!


2018年4月5日は、1年を24の季節に分けた暦、

 

二十四節気で『清明』にあたるそうです。

 


”すべてのものが清らかに生き生きとするころ”、

 

『清浄明潔』を略して 『清明』という、という説もあるそうです。

 

 

今日もとってもクリアな青空が広がっていて、

 

日差しも暖かく、草木の芽吹きは

 

目の前でどんどん大きくなっていきそうなくらいの勢いを感じさせました。

 

 

私もウキウキと歩いていたら、

 

街中でしたが、まるで喜びの歌をうたっているような

 

軽やか鳥の鳴き声まで聞こえてきて、ますます心が踊りました。

 

 

まさに、今は ”万物が若返り、清々しく明るく美しい季節”、『清明』!

 

 

なんてぴったりな言葉で、自然、季節の移り変わりを表現したのだろうと

 

昔の人の研ぎ澄まされた感性に本当に感動です。

 

 

そして、古来より日本では 純粋で明朗で、曇りない心を

 

”清明心”といって尊んできたというお話をふと思いだしました。

 

 

私たちを取り巻く外の世界に”清らかな明るさ”を見つけるだけでなく、

 

人の心、私たちの内なる世界にも"清らかな明るさ”を見る。

 

 

それは、自分の内と外の世界両方の”生命の光”を感じて、

 

その光に自分の意識と心も開いているということなんだな、と思いました。

 

 

昔の人たちは、それをきっと日々の生活の中で

 

自然にやっていたのでしょうね。^^

 

 

想像して私もやってみたら、気持ちも身体もぐーんとのびのびして、

 

とてもすっきりした幸せな気持ちに包まれてきました!
 

 

この美しい『清明』の頃。

 

 

世界からも自分の中からも、清々しい、生き生きとした、

 

喜びの光をめいっぱい感じて、響き合っていきましょう〜!

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

"春の幸せ”を感じきる

  • 2018.04.02 Monday
  • 22:37

 

春は、本当に”幸せ”が心から自然に溢れてくる季節ですね!

 

太陽のあたたかな光、目の覚めるような青い空、

 

爽やかな風、そして、なんといっても桜。

 

 

一年のほんの僅かな1瞬の時に、まるですべてをかけているかのように

 

満開で咲き誇る淡い白ピンクの桜の花をみると、

 

その繊細な美しさに心が洗われるようです。

 

 

今日は行く道々で、ひらひらと桜の花びらが舞い散っていて、

 

桜が春の神様のお使いとなって、

 

生命のエッセンスを私達に降り注いでくれているようにも感じました。

 

 

胸の中心から暖かく、ジワーっと元気が湧いてきて、

 

”生きているって、素晴らしい〜!”という純粋な幸せ、

 

透明な喜びで身体が満たされていくようでした。

 

 

私だけでなく、木も草も、動物たちもみんなが、

 

こうやって春の幸せを全身で感じると、

 

そして一つ一つのちっちゃな生命が”春=生命のパワー”そのものになっていく。

 

 

するとちっちゃな春と春が共鳴し、

 

生命のパワーと生命のパワーの連鎖のようなものがおきて

 

生命のサイクル、生命の流れのようなものが生まれ、

 

季節がめぐっていく原動力となるのかもしれないな〜どと思います^^

 

 

今、感じている春の幸せをもっともっと遠慮なく感じきって^^

 

私たち自身が春の光そのものようにパワーで満ち溢れて、

 

太陽と一緒に、今度は若葉を輝かせていきたいですね!!!

 

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

透明ということ

  • 2018.03.25 Sunday
  • 00:00

 

 

”透明”

 

この言葉がとてもとても深く心に響いてきます。

 

もっともっと私自身が透明になっていきたいな、と思います。

 

 

いま、透明と聞いていてイメージするのは、

 

春の日差しに照らされた雪解け水のように

 

フレッシュでキラキラと輝く美しい小川です。^^

 

 

小川の澄んだ水が、ときには周囲の草木や動物たちに生命を与え、

 

必要なくなったもの、古くなったものは

 

さらさらと流していく様子が思い浮かんできます。

 

 

透明とは、光が何にも遮られることなく、

 

そのまま通り抜けていく様をいうのだそうです。

 

 

それは、”なにもない、空っぽ”ということではなく、

 

実はその中にすべての光の色が含まれています。

 

 

「本当のプロフェッショナルとは、相手、やるべきことのために、

 

自分自身を本当に透明にできる人のこと」

 

というお話を聞いたことも思い出しました。

 

 

相手のために、めざす目的のために、

 

自分個人の固定概念や感情などを

 

すっきりとクリアにできる意志と覚悟と実行力がある

 

ということでもあるのだと思いました。

 

 

透明とは、とても豊かなことなのですね。^^

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

幸せの最前線

  • 2018.03.23 Friday
  • 00:48

 

 

今、とても大きくすべてが動いていて、

 

これからの自分の人生を、よりワクワクとした

 

心から願うものとしていくために、

 

必要なものと、そうでないものを、

 

自ら選択をしなくてはならない時なのだと感じます。^^

 

 

そのために人間社会のものさしだけではなくて、

 

”大自然の法則”、”宇宙の意志”ともいえるものに、

 

本当にしっかりとつながるのが大事だと思います。

 

 

ハイアーからメッセージがきます。

 

 

「そのためには、思考も心も、身体も

 

混じりけの全くない、美しいクリスタルのように透明になって

 

すべてを見つめてみることです。

 

その時にあなたは何を感じますか?」

 

 

”透明”になるということ。

 

それは”自我”から開放されることでもあると思います。

 

 

澄んだ透明なクリスタルに自分がなったようにイメージをしてみたら

 

とてもとても清々しく、これまでになく澄んだ幸せを感じはじめました。

 

 

そして、不思議なことに胸の中心から、

 

とても優しく繊細なほっこりとした暖かさを感じ、

 

深い安堵と静かな喜びに満たされていきます。

 

 

ハイアーはいいます。

 

 

「それは生命の源、根源の母の暖かさです。

 

生命の源の母とつながっていることを感じられること、

 

それはとてつもない喜びですね!」

 

 

生命の源の母と共に生きていく。

 

それは、本当に幸せの最前線!!!!

 

そして、それがアセンションなのだと思います。

 

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

子供の愛

  • 2017.11.27 Monday
  • 00:02

 

 

 

”「愛が大事」というけれど、そもそも「愛」自体がよくわからないなぁ”

 

アセンションを学ぶ前、よくそう思っていました。^^;

 

私は愛を、”頭”で理解ようとしていたのでしょう。。。

 

 

でも、愛は頭でわかるものでなく、自分の心で感じるもの!!!

 

 

だから、本当に愛の形というのは無限にあるのだと思いますが、

 

その中でも誰もが経験しているのが”子供の愛”ではないでしょうか?

 

 

お父さんやお母さんから注がれる愛情を、なんの疑問もなく

 

100%しっかり受け取って、

 

そして、大好きなものに対して全くためらいも、躊躇もなしに、

 

ただ100%純粋に大好き〜!!!!といえていたあの頃。

 

 

友人の子どもたちをみていても、

 

なにも考えずに、ただ心で感じたまま受け取り、

 

感じたまま出すことができるのが「子供の愛」で、

 

それは究極に純粋でナチュラルで、キラキラとした愛だと思います。

 

 

子供の愛を思い出し、その愛そのものを感じていると

 

世界はとてもシンプルで、希望と夢でいっぱい!という感じになってきます。

 

そして、すべての生命を友達のように親しく感じてきます。

 

 

これが、”ハートが開いている”ということなんですね。^^

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村