親の愛

  • 2017.12.10 Sunday
  • 22:11

 

今、ここに生命があるということ。

 

それは両親がいてくれたから。

 

 

赤ちゃんとしてこの世に生うみだし、育ててくれた存在がいるからこそ、

 

今私達はここに生きていることができる。

 

 

生命を生み、育てる。

 

それは自らの生命を、子供の生命のために喜んで捧げること。

 

 

それはときに”本能”とも呼ばれることもありますが、

 

これほど根源的で深い愛はないと思います。

 


この愛に気づくと、この親の愛がとてつもない長い時を超えて

 

何代も何代も脈々と続いてきたからこそ、自分がここにいるのだとも

 

気づいていきます。

 

 

そして、この地球のすべての生命、宇宙のすべての生命を生み出した、

 

究極の”親”といえる、生命の源、すべての愛の源。

 

やはりそのような存在があるのだとしか思えないのです。

 


すべての生命の源。

 

すべての愛の源。

 


想像つかなくても、あまりにも漠然としていると思えても、

 

ぜひ、意識を向けてみていただきたいな〜、と思います。

 

 

きっときっと、自分の中心でなにかかが動くのを感じることができるはず!


それは、あなたと生命の源が、しっかりと今も結ばれていること、

 

究極に永遠に愛されていることのサインなのです。

 

 


 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 

スポンサーサイト

  • 2020.05.10 Sunday
  • 22:11
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする