透明ということ

  • 2018.03.25 Sunday
  • 00:00

 

 

”透明”

 

この言葉がとてもとても深く心に響いてきます。

 

もっともっと私自身が透明になっていきたいな、と思います。

 

 

いま、透明と聞いていてイメージするのは、

 

春の日差しに照らされた雪解け水のように

 

フレッシュでキラキラと輝く美しい小川です。^^

 

 

小川の澄んだ水が、ときには周囲の草木や動物たちに生命を与え、

 

必要なくなったもの、古くなったものは

 

さらさらと流していく様子が思い浮かんできます。

 

 

透明とは、光が何にも遮られることなく、

 

そのまま通り抜けていく様をいうのだそうです。

 

 

それは、”なにもない、空っぽ”ということではなく、

 

実はその中にすべての光の色が含まれています。

 

 

「本当のプロフェッショナルとは、相手、やるべきことのために、

 

自分自身を本当に透明にできる人のこと」

 

というお話を聞いたことも思い出しました。

 

 

相手のために、めざす目的のために、

 

自分個人の固定概念や感情などを

 

すっきりとクリアにできる意志と覚悟と実行力がある

 

ということでもあるのだと思いました。

 

 

透明とは、とても豊かなことなのですね。^^

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.01.02 Wednesday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする